Webサイトの立ち上げや運用をやっていると欠かせないのがドメインやDNSの知識です。

サイトの新規立ち上げ時にはそれほどややこしいことは無いのですが、特にサイトのリニューアルや移設あるいは業者移管を行う際には、様々な立場や知識の関係者が絡むことがありコミュニケーションに支障が出ることがあります。

例えば"ドメイン管理"と言っても、レジストラ(お名前.com等)でドメイン利用料を支払ったりWhois情報を管理するのか、あるいはDNSすなわちネームサーバのゾーン情報(ホスト名とIPアドレスが結びついた情報等)を管理するのか二つの意味にとらえられます。なおレジストラはJPRSが認定した指定事業者と呼ばれることもあります。

"ドメイン管理者"が対レジストラなのかゾーン情報まで管理しているのかはケースバイケースです。また"者"が業者を指しているのか個人を指しているかもあいまいです。

"DNSの変更"というのも良く飛び交う言葉ですが、我々システム業者側からするとIPアドレスなどのゾーン情報を変更するのか、DNSそのものを移転するのかがあいまいです。

もうややこしいですね

# あらためて、ここではDNS=ネームサーバーとします。

したがって、サイトリニューアルなどに伴って"ドメインの移設"を行う場合は、以下の点に留意しないと思わぬ障害につながったりします。この中で一点でも懸念があれば要確認する必要があります。

(1) レジストラを移管→する/しない
 →する場合は誰がどこに?
(2) ネームサーバを移管→する/しない
 →する場合は誰がどこに?
(3) ゾーン情報を更新→する/しない
 →する場合は誰がどのように?
(4) Whois情報を更新→する/しない
 →する場合は誰がどのように?
(5) ドメイン管理者(対レジストラ)を移管→する/しない
 →する場合は誰が?
(6) DNS管理者を移管→する/しない
 →する場合は誰がどのように?

                            する/しないの判断が難しい場合は弊社へ :-)

なお、企業で通常業務に使用している需要なドメイン名の料金支払いやDNS管理を誰がやっているか分からない状態は思わぬ経営リスク(失効や搾取や改ざん)になりかねませんので、経営層の方はドメイン管理者の所在は最低限掌握しておくことをおすすめします。