makoto_fujimotoのblog

株式会社進角
代表 藤本信のブログです
どうぞよろしくお願いします

ショック!

終わったよこの国

資源の無いこの国は根本的に科学技術をベースにした産業で
食っていかなくてはならない宿命なのに

子供の知的好奇心を満たすこれに変わる教材ってあるんだろうか

もちろん俺は「科学」派でした

毎月「学研のおばちゃん」が来るのを心待ちにしてたんだよな~

なんてこった

予算をいじくって主要な支持母体層に銭をばら撒くよりさぁ

まずは職が無く生活に窮してる奴に仕事を与えたほうがいいって!

雇用対策じゃなくて具体的に政府が仕事を創出して与えるんだよ

定額給付金だのエコなんたらだの高速無料化だのって
これまでまったく経済の根本的なテコ入れにならなかったじゃん。
この先の子供手当てだって同じ結果になると思う。

きちんとした仕事を与えれば収入のみならず、手に職がつくこと
もあるだろうし、なんと言っても自尊心が回復する。
特にオトコの場合。

そしてその層が安定すれば社会不安も減り、安心出来るまともな
経済活動が活性化するんじゃないかな。

どこかで読んだ話のような気もするが

女性は一旦ルールを決めてしまえば、その合理性にかかわらず、男性よりそれに従う傾向にあることが、40才も間近にせまってつくづく感じるようになった。

例えば選挙の際にいつも争点となる憲法9条の問題なども、 支持する女性の多くが「ルールなんだから守ろうよ」とその内容や成り立ちの是非を問わず、このルール遵守の考え方が先に立っている気がする。

おそらくこれは男が外に狩に出かけ、残った女達が狭い地域や空間で共同で家や子供を守ってきたという、人類学・生物学的な背景があると思う。 比較的狭い行動範囲内で重要なのは、周りのものと対立せず円滑にコミュニケーションを図るために、とりあえず自己主張を抑制し合う事が大切だからね。

こないだマンションの理事会で、いつも議題に上がる喫煙問題について、禁止事項として明文化してくれると"注意しやすくなる"ので助かる、という意見が女性から上がったりしたのはこれを裏付けるシーンだった。

だけど男は自分の合理性やルールを通したいがため、場合によっては戦争までしちゃう愚かな生き物なんだよね。

ルールはその時代や環境によって合理的、論理的に見直すべきものであるという、"ルール"やテーゼを男女が同様に納得できないものだろうか。

このページのトップヘ