makoto_fujimotoのblog

株式会社進角
代表 藤本信のブログです
どうぞよろしくお願いします

すこし上の立場になると厄介になるのが遅刻を頻繁に繰り返す部下の管理です。

何度注意しても繰り返す輩がいますね

ひどい場合には始末書を提出させ、生活面での具体的改善策を考えさせます。

改善策でよくあるのは「早く寝るように心がける」「食生活を改善する」「目覚まし時計の数を増やす」などだが、経験上は焼け石に水だ。しかしこれ以外に約束出来る対策はあまり無い。

子 供 か よ っ !  と言いたくなります。。

目覚まし時計というのは、言ってみれば自分の自律性を補助するチェック機構だが、これをいくら増やしても「自らキチンと起きて決められた時刻までに出社する」という"要求仕様"に対する"品質向上"につながらないことが多いと思う。また余計な目覚まし時計費用も発生するし、ひどい場合には上司の責任において毎朝電話で様子を確認する、などといった馬鹿げたコストが発生する場合もある。

つまりチェック機構を増やす対策によって品質を向上させるにはとても難がある。

僕が以前勤務した自動車メーカーでは全社員にこのようなスローガンが謳われていた

「品質は工程で作りこむ」

自動車は何百点もの部品で構成され、一日何千台も生産を行うにもかかわらず、基本的に大きな故障は起きず何年間も使用され、かつ人命にかかわるような商品であるが、完成後のチェックというのは"数分"しか行われない。つまり作業工程や設計思想によって品質を保つという管理手法が一般的だ。

これはメーカや建設関係者以外には意外と知られていない事実かもしれない。

そして工程での品質の"作りこみ"は専属の検査員が張り付いて全数チェックや二重チェックを行うのではなく、製造にかかわるスタッフ自らが担い、これをカイゼン活動やQCサークルによって体系的に行われている。"工程"であるから、人だけじゃなく道具や素材や環境も重要な品質向上の要素となる。

自分は遅刻の常習性を一度も指摘されたことが無いので、理由は分からないが、こんな困った奴らでもいつの間にか遅刻をしなくなる。それは性能のいい目覚まし時計を導入したおかげで無いことは確かだ。

IT業界における品質管理手法については、開発手法もかかわる人の意識においてもまだまだ確立されているとはいえない。依頼する側も依頼される側もチェック機構を増やすことが唯一の品質向上対策であるかのような"あまり正しくない"認識をしている。チェックが充実すると逆に荒っぽく作って不具合はデバッグで見つけてもらおう、という意識が生まれる可能性もある。うがった見方だけど特にWeb業界では元メーカ出身という人に出会うことが非常に少ないことも要因にあるかもしれない。

「品質は工程で作りこむ」

これはソフトウェア開発においてもとても重要な意識だと思う


応用して
「ブランドは工程で作りこむ」
「利益は工程で作りこむ」
なんていかがでしょうかね

昨夜、ホンマでっかTVで紹介された、ある追跡調査の結果が興味深かった

将来の目標について
Aグループ 紙に書いて残している 3%
Bグループ 目標はあるが紙に残していない 18%
Cグループ 目標を考えてもいない 79%

というグループ別の平均年収を数年後に比較したところ
Aグループの年収がCグループの年収の10倍にまで差が広がっていたという。

またAグループの思考の特徴として、最良の状況を行動指針にするのではなく最悪の状況を行動指針とする傾向があったとのこと。

日本だと10倍ってのはなかなか難しいと思うけど、まあ納得

驚きなのは目標を考えてもいない人が79%もいること
考えるだけならタダじゃん!?
これは簡単に10倍いってまうわ~w

うろ覚えなので微妙に番組内容と多少違ってたらごめんなさい

「てぼっけ」という秋田弁があるけどこれに相当する標準語が見あたらない

秋田弁は何かの語句を短縮した形が多いので、伸張すると「手が呆けている奴」ということだろう。

利用シーンとしては、道具をうまく使えなかったり、グラスをしょっちゅう倒したり、レジ打ちがおぼつかなくて時間がかかったり、料理の手つきが悪かったり、見ている人をイライラさせる様な"手の不手際"を目撃した際に「この!てぼっけっ!」と思ったり言ったりする。

「不器用」  ・・・これは行動だったり性格まで入るからなんか違う
「ぶきっちょ」・・・ニュアンスとしては近いが、なんか甘えた感じが違う
「手元が狂う」・・・これは"てぼっけ"の結果だし
「ドンくさい」・・・これは意味が広すぎる

つまり標準語には手先が頭のように呆けている状態についてうまく表現する言葉が無いんじゃないかな。思うに江戸や大阪をはじめとする"都会"では専門の職人による商工業が発達してきたので一般市民はある程度"てぼっけ"でもそれほど支障がなかったから、言葉も生まれなかったんじゃなかろうか。

さらにエスカレートすると「あだってらんでねが!」となったりするが意味は割愛するw


これに似た感じで「よったいね」という方言があって、「用が足りない」「頼りない」つまり使えない人間を揶揄する言葉もある。

なかなか方言は面白いね

このページのトップヘ